今日も忙しい一日でした。何がって? 朝は、1年に1回の健診で~~す。õõ 医者の不養生と言いますか、「がんの専門家ががんで亡くなる」「心臓の専門家が心筋梗塞で亡くなる」なんてことはざらです。糖尿病の専門家で、患者さんの食事指導やってるのに、自分は透析している方さえいます。要するに、医者は患者さんの健康には注意を払っても、自分のことは結構棚上げなのです。もっとも、平日午前中に大病院を受診する暇などない・・というのも、これまた真実です。自分の健診は、平日に休日を入れるやむをえない理由に大抵の場合、該当しません。

1.朝は大忙し

朝は、午前8時に家を出ました。健診は8時半から開始。実は日曜日に医師国民保険加入者のために、特別に健診日を設けてくれているのです。てなわけで、旧金沢社会保険病院、現金沢病院へ夫婦でふーふー言いながら、出かけました。検尿 → 身体測定 → 採血 → 心電図検査 → 視力・聴力測定 → 腹部超音波検査 → 胸部写真 → optionの胸部CT、そして、いや~~~な胃カメラです。専門家の私が言うのも何ですが、あのカメラを飲み込むのは結構苦痛です。患者さんの痛みを体感すべく、3年前までは我慢に我慢を重ね、あの太い内視鏡の挿入を耐えてきました。でもね~~コロの繊細なのどでは、あのごしごし入れたり出したりがホント苦痛なんですよね。途中でゲホッと、空気が口から漏れると「我慢してくださいねぇ↗」と間抜けな声が聞こえてくる。「我慢できないから、出してんだよ」とのどまで出かかってるけど、言えない。そういうのは仰向いて唾、というやつです。

2.と言うわけで

一昨年より、やせ我慢は止めて、セルシンを静注してもらって胃カメラを受けています。注射の効き具合は個人差が大きく、人に拠るのですが、私の場合超・・・楽です。何というか、遠いところで検査が行われているようで、気がついたら、終わってます。後はお休み部屋で30分ほど寝てると何となく目覚め、少々ふらつきながら帰宅できます。もちろん、車の運転は嫁さんがやります。考えてみると、この鎮静剤を使用して検査を受けている医者は意外に多いことに気づきました。これは、検査の下手な専門医が多いのか、それとも忍耐力のない根性のない医者が多いのか、いずれでしょうか? ちなみに近くで歯科を開業する姉は、「外科医って、種族は特にだめね。人の痛いのは百年でも我慢できるのに、自分の時は全然だめ。歯を抜くだけで、顔が引きつってる」 この意見が偏っているかどうかは、皆さんの判断にお任せします。

3.午後はもっと忙しい

のどの麻酔がとれ、何とかふらつきから脱したのは、午前11時を回った頃。今日は午後から、県医師信用組合の50周年式典があり、役員(私もその端くれです)は、早めに来てね・・と言われています。そんな訳で、脱水も完全には回復していない状況で、正午前に家を出て、県立音楽堂へ向かいました。時間前に役員並んで、会員の先生方にご挨拶を! なんか、まだぼーっとしてる。大丈夫かいな???

この辺ははしょって、そう今日の講演会はアグネスチャン。演奏会は、毎度おなじみ、アンサンブル金沢です。

アグネス講演会

 

4.係のお姉ちゃんに叱られる

HPに載せるのに、iPadちゃんで写真を撮っていましたら、その2分後に係のお姉ちゃんが飛んできました。「あのお写真は禁止となっております。・・・・(なんか、いっぱい言ってたけどよく聞き取れなかった。そして、最後に、)念のためお名前を教えていただけますか?」とボールペンと紙を出してる。これはびびりますよね。実は、私めは主催者側なので、首から係の名札をぶらさげていたのであります。「ここに名前書いてあるけど・・」と、その名札を差し出すと、「あー、そうですか」と、さっきまでの怖い顔が急ににこやかに! 何のこっちゃですが・・・そう言えば、会が始まる前に、前の方で誰か、「携帯は・・」とか、いろいろ話していたような気もする。何せ肉声なので、大きな会場でよく聞こえないのです。とはいえ、今日もやっぱりケチが付きました。コロも反省しています。

5.アグネスチャンの講演は感動もの

講演会は、結論から言うと、期待以上でした。彼女は香港生まれですが、その生い立ちから始まり、家族の話とか、日本でのデビューの話とか・・。そして、今もっとも力を入れているボランティア活動のお話へ。中でも東日本大震災の話では、涙を拭く女性の姿が沢山見受けられました。「東北をいろいろ回りました。その時に出会った小さな小学生の女の子のお話です。彼女も被災者ですが・・手に握りしめたお金を私に差し出してこう言ったんです。『これで困っている人たちを助けてあげて』と」 そして、こう締めくくりました。「こんな女の子たちがいる東北は必ず立ち直る。そう信じています」 小学生の女の子が差し出した11円というお金は、政治家が事も無げに受け取る数千万のお金より、ずっと尊く、そして価値があります。日本もまだ捨てたもんじゃない。東北を忘れない。改めて、そう感じた一日でした。

それにしても、最近日曜日はほとんど休養になってません。まあ、いい話が聞けたからいいか?

アンサンブル金沢のお話は割愛。コロは先天的下戸ですが、先天的クラッシック音痴なのでもあります。