初詣ツアーはお薦めだが・・・

kamatubus

4、5年前までは、毎年気多大社へ初詣に出かけていた。コロは、七尾出身なので、やはり親しみがあるからだ。それが最近はとんとこぶ沙汰。理由はいろいろあるが、①大晦日に新年めがけてお出かけするエネルギーがなくなってきた、②遠くの駐車場に車を止めて、シャトルバスで初詣へ行くのは時間が掛かりすぎ、③これが一番の理由だが気多大社の経営者(宮司さん)が代わり、ますますビジネスライクになってきた、

というわけで、最近は初詣ツアーと銘打った日帰りバスツアーを利用している。最初は県内の三社詣り。気多大社、白山比羊神社、尾山神社である。これはなかなか便利だ。神社のすぐそばまでバスなら送ってくれる。白山さんなどは、渋滞した車列の横を別レーンですいすい運んでくれる。おまけに千里浜レストハウスで昼食付き。お手軽なこと、この上ない。

さらに、最近は県外へも足を伸ばす。金沢人というか石川県人はホント、バスツアーが好きだ。正月なのに、駅前には朝からわんさかバスが並んでいる。京都、丹波、若狭、大阪、名古屋、伊勢、東京(明治神宮)、などなど。今年は、丹波三社ツアーへ申し込んでいたところ、何と人数が集まらず催行中止。次に申し込んだのが、名古屋の熱田神宮+大須観音コース。こちらは名古屋最大の下町、大須の商店街が楽しみ。

ところがである。北陸は正月三が日雪に埋もれた。二日にいそいそと金沢駅へ出かけ、駅付近の駐車場に車を止める。足下の悪い中、バスターミナルへ。なんかすごく人が少ない。いつもはもっと多いのに・・。やがて時刻は8時に・・。小松バスがさーっと入ってくる。ドアが開き、ガイドさんが下りてきてのたまわう。「小松バスツアーの方、おいでますか?」急いでそばに行き、「このバスですか?」と尋ねる。

次の言葉はこうだ。「今日、関西方面行きのバスはすべて運行中止となりました。高速は動きません」ほぇ~~って、感じだ。もっと早く言ってよ。

まあ、もっと早くも言えないか? 何ともはや、体が重い。気も思い、でも出かけて、帰って来られなくなるのも、もっと困る。今年は、どうなることやら!