善光寺参りは超混雑でした

連休は、基本的に遠出はしません。①人がやたら多い②ホテル代は半端じゃないほど高い③大体予定より遅れる → その結果、疲れる。

まあ、そうは言っても、どこも行かないのも淋しいので、大抵は日帰りバス旅行へ出かけます。ちょっと疲れても、まだ休める日も残ってるし・・・それと、金沢は今、北陸新幹線効果でやたら人が多くて、町中へ行くのは精神衛生上よろしくありません。

そんなわけで、今年は7年に1回のご開帳。善光寺へ行ってまいりました。予想通りの混雑で、3日は快晴も重なり、すごい人、人、人・・・でした。回向柱に触るのが定番のようで、人が行例をついていました。行例に付くのは嫌いな性質なので、ちょっとすいているお坊さんが頭に帽子(みたいなの)をかぶせてくれる方に並びました。こちらはほんの数分の待ち時間でした。その後、こちらも混んできましたから、まあラッキーといったところでしょうか?

善光寺回向柱

善光寺回向柱

後は、門前町をぶらぶら・・名物をちょっぴりずつお買い物。ネットで調べたモンマートとみやでお酒を買いました。大信州というお酒は今年の金賞受賞で、品薄だそうです。こちらで手に入ってほこほこしています。それとこれもネットで話題の風の露を買いました。言い忘れましたが、私めは先天的下戸で、日本酒に至っては一滴も飲めません。というのはちょっとオーバーですが、おちょこに二杯飲むと真っ赤になります。まあ、年に1回おちょこに一杯ほどは飲みます。基本的に宴会の場でも、ウーロン茶しか飲んでません。最近は、塩サイダーとゆずサイダーも加わりました。きっとアルコールで寿命が縮むことはないでしょう。

その割に、日本酒の酒造見学は好きで、お友達に吉田酒造さんがいたりします。お酒の名前を言った方がいいでしょうか? 手取川です。石川県は、天狗舞の車多酒造、菊姫、福正宗、小堀酒造、などなど回りました。酒の蘊蓄・・いいですね。飲めないのに・・・大好きな石垣島は、泡盛ばかりです。八重山諸島も沖縄と同じく、小さな島毎に独特の泡盛があります。総じて、日本酒の半分程度の値段で、お手頃です。内の嫁さんは、「請福」とかいう銘柄が大好きです。石垣島では最も定番の泡盛で、まあ経済的です。

そうそう、善光寺でした。結局人混みをさまよい、長野の空気を吸えたのが収穫でしょうか? まあ、お酒も買えたし・・。いい一日でした。