9月21日竹生島訪問

竹生島って、歌では聞くけど、行ったことはありません。結構そういう方は多いと思います。古い歌ですが、琵琶湖哀歌って知ってます?

こんな感じです。

遠くかすむは 彦根城
波に暮れゆく 竹生島(ちくぶじま)
三井(みい)の晩鐘(ばんしょう) 音絶えて
なにすすり泣く 浜千鳥

 旧三高(京都大学)のボート部の学生が、練習中に強風のため、遭難するという事件を歌ったものです。今でも、比叡下ろし、の強風により、湖西線はちょくちょく止まります。

 話が横道にそれましたが、この竹生島ですが、神様の島として有名です。まあ、島って、結構そんな所が多いです。有名処としては、福岡県宗像市「女人禁制の島、沖ノ島」が最近の話題です。

竹生島は島と言うより山

竹生島

竹生島

竹生島は、琵琶湖でもかなり北に位置します。渡るためには、当然ですが船が必要です。出発港はいろいろあって、彦根、長浜、マキノなどなど・・。私の参加した北鉄バスツアーは、彦根港からでした。片道1時間以上かかったような?

小さい島だけど階段は急

フェリーを下りると、船着き場の周りには、お店が数軒。不便な分、何でも割高です。例えば、コーラは250円とか。この島では、お寺でお守りやお札を買う他、お買い物はお薦めではありません。飲み物も持ち込みをお薦めします。

さて、すぐそこから階段です。頂上まで10分くらいですが、結構急です。

竹生島ふもと

竹生島ふもと

ここをめげずに昇っていくと、さらに階段が続きます。

竹生島階段

竹生島階段

ようやく頂上の本殿です。

竹生島本殿

竹生島本殿

帰りは、どの港へ帰る船も最終便ですので、港はごった返しています。

帰りの船

帰りの船

旅の結末

これで何事もなく、家へ帰ってこれたら、最高なんですが・・・何と、大ちょんぼがありました。帰ってみたら、カメラがない・・ない・・ない。

つまり、ここの載せた写真が全部ない、ちゅうことです。

確か、帰りの船着き場まではあった。そこからは、iPadで写真撮って記憶が・・・記憶がない、ない、ない。無いものばっか。

事の顛末ですが、連休明けて、バス会社から船会社に問い合わせもらったら、船の中に忘れ物カメラがありましたとか・・。最近、歳のため、認知症気味です。家では、誰も怒らず、慰めてくれたりして・・。余計自己嫌悪に陥った数日間でした。日本は良いところです。もうちょっとで、竹生島は嫌いな所に登録されるところでした。

全部、自分が悪いのですが。。。