2日目は福岡へ移動

・朝の散歩はひたすら閑か

川縁の散策はとても閑静

至るところでコンサートが・・

至るところでコンサートが・・

ハウステンボスは、熊本地震の余波で人出はまだまだという感じである。旅行者にとっては、ラッキーと言えるかもしれないが、やはり観光地は人であふれている方が活気があって良い。朝早く起きて、ホテルの周りを散策した。園内を全部徒歩で廻るとそれだけで半日以上かかる。園内は巡回バスか、船で移動する。貸し自転車、電動自転車、電気タクシー、馬車、いろいろ移動手段はある。

・ハウステンボスの一番人気アトラクション

フィッシングアドベンチャーなるアトラクションが一番人気。この後ホラー館を廻った。大きなプールとプールサイドにしつらえられた大型スクリーン。プールの中は、プロジェクッションになっていて、大小カラフルな魚が泳ぐ。これが手元の釣り竿と連動して、バイブレーションの強さで魚の引きが分かる仕組みだ。通常は1,2時間待ちのこのアトラクションも開園前に到着したので、勿論一番。なかもまだガラガラ、すごく得した気分だ。

お魚釣りは楽しい

お魚釣りは楽しい

・午後から福岡へ

ハウステンボス内は、職員も自由行動。グループに分かれて、それぞれに広い園内を巡っている。買い物にいそしむ者。数ある博物館を堪能する者。とにかくアトラクションをこなす者。まあ、いろいろありすぎて目移りする。おそらく何度来てもそれなりの楽しみ方があるに違いない。

午後3時過ぎには、ハウステンボス正面のバス乗り場から博多へ向かった。日のある内に博多へ。ハウステンボスは、丸一日歩き回ると結構体力を使う。還暦過ぎの身には堪える。まあ、毎日ウオーキングしているので、そんなに大したこともないのだが・・・

・夜の食事は自由行動

博多のホテルは、中之島にある。近くに屋台が並ぶ。私たち夫婦は、餃子で有名な鉄なべへ。午後7時もう満席。前で15分ほど待った。とにかく人が多い。でもギョーザは結構おいしい。一口サイズでぱりっとした食感が香ばしい臭いと共に、食欲をそそる。

鉄なべのお店は間口が狭い

鉄なべのお店は間口が狭い

一口サイズの餃子はここの名物

一口サイズの餃子はここの名物