胃・大腸の内視鏡を専門として、地域医療に取り組んでいきます

MENU

初めてのヨーロッパ旅行~イタリア~

イントロ

65才にして、ヨーロッパ旅行へ出かけることにした。私の回りはと言えば、外国通があまたいる。お友達の医者は、むろんのこと。次女などは、カナダ、オーストラリア、フィリピン、タイ、ベトナム、トルコ、フランス、イタリア、と忙しい間を縫って、せっと海外へお出かけしている。何ともはや、親に似ない子だ。

ハワイ旅行

外国は敷居が高い。そもそも日本以外の国を外国と十把一絡げにまとめるのも如何なものか? 台湾なんて、日本とちっとも変わらない(まだ、行ったことがないけど・・)。正直に言うと、小心者の私にはヨーロッパは、とてつもなく縁遠い存在だ。本質は、日本の田舎者なのである。行ったことがあるのは、ハワイ、タイ、シンガポールだけ。ハワイは新婚旅行で、日本を出発する時から、流感のために38度を超える熱があり、向こうのホテルで寝込んでいた。おまけにハリケーンで停電、高層階の部屋なのに、エレベーターは動かない。トイレは流れない。一人40万もした旅行は散々だった。まだ、1ドル360円の時代だ。

外国はいい思い出がない。

イタリア旅行を決断する

それでも、生まれて初めてのヨーロッパ旅行を決断したのは、イタリアへの憧れだ。世界史も日本史も大好き。高校現役では、世界史の点数は理数科の下から何番目。要するに勉強時間が圧倒的に少なかった。浪人してからは、山川の教科書を丸一冊暗記した。年号はほぼすべて語呂合わせで覚えた。教科書の余白に、模試の知識を書き込み。気づいたら、教科書の余白は書き込みで真っ黒。試験の成績は、満点近い点数が取れるようになっていた。単純なことだ。世界史では、努力と点数はパラレルに相関する。

イタリア地図

イタリアは世界史の中心。すべての道はローマに通ず。私の中では、ヨーロッパ=イタリア。ちなみに、世界で最も観光旅行者が多いのは、フランス、年間8000万人を超えるらしい。イタリアは5000万くらい。「フランスはいいよ」と先輩に言われても、やはりイタリアへ行きたい。行きたい・・。世界遺産を最も多く抱える国、ノー天気な国民気質、カンツォーネに恋歌を乗せて酒を飲む。最近は泥棒と、置き引きとスリの国。言葉を並べれば、とんでもない国だが、それでも旅行者が口を揃えて、絶賛する国。死ぬ前に一度は行きたい。思い始めるとそれしか目に入らない。これも悪い癖だ。かくして、外国嫌いの嫁さんを口説いて、ついに夫婦二人のイタリア旅行が始まる。

 

コロの宝箱

時間外、休日に急用の患者さんからのお電話は転送されます。しばらくお待ちください。 TEL 076-237-2811 平日9:00~18:00

コロの宝箱

PAGETOP
Copyright © 大平胃腸科外科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.