胃・大腸の内視鏡を専門として、地域医療に取り組んでいきます

MENU

貴船

PDF版はこちらから

「貴船」とGoogleで検索する。みなさんは、どういう結果を想像されるだろう?

誰だって、京都の貴船を思い浮かべる。ところが、ところが・・検索の三番目に来るのは食べログ、お料理「貴船」である。れっきとした金沢の日本料理屋さんだ。
貴船が予約できたのは、本当に僥倖だった。今、金沢で最も旬な店。2ヶ月先の空きがない。それでも行く価値がある。超お薦め貴船のお店である。
何より、シチュエーションが素晴らしい。紅殻格子が低い軒先によく似合う町並み。細い路地を歩くと風に揺れる柳が目に優しく、石畳の固さが足の裏に心地よく伝わってくる。そして、のれんの前に足を止める。主計町でも奥まったこの辺りは、風景そのものがもはや絶妙の前菜だ。
店の中は決して広くはない。小さく仕切られた一室は、ちょっとした異空間である。さりげなく飾られた一輪差しが心憎い。料理はどれもオリジナルで、色も盛り合わせもすべてが工夫にあふれている。美術音痴の私でさえ、その彩りに心奪われる。おまけに数組限定の予約客のみのおかげで、調理からテーブルに並ぶまでの時間が恐ろしく短い。並ぶ料理も、有り体に言えば、他の割烹ではあまりお目にかかれないものばかり。生のくちこって、初めて食べた。海の味?そう表現するしかない。お吸い物、お刺身、焼き物。定番であって定番でない。どれもこれも隠し味があって新鮮だ。ほどよい満腹感に幸せを感じる頃、部屋の外では専用の釜がことことと音を立て割烹貴船、お米が炊きあがるあの独特の香りが嗅覚を刺激する。
下戸の私なのに、3時間があっという間に経っていた。向いに座るゲスト達は、地元の銘酒に完全に出来上がっている(ちなみにビールはおいてありません)。それはそうだろう。うまい酒肴に、上等の空間。これ以上言うことは何もない。最後に出てきたデザートは「飲むゼリー」。何のことが分からない?・・そう思われるなら、もう足を運ばれるしかない。

PAGETOP
Copyright © 大平胃腸科外科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.