胃・大腸の内視鏡を専門として、地域医療に取り組んでいきます

MENU

⑤沖縄アラカルト

はいむるぶし

はいむるぶしの外観

PDF版は、こちらから

 コロは凝り性である。近くで開業する歯科医の姉は「あんたはオタクだわ」と顔を見る度に口にする。決して褒めていないことは確かだ。まあ、この歳になると何を言われてもあまり気にならない。人生、楽しくなくっちゃ、生きてる価値なんてない。これはコロの親愛なる友人北山ドクターの言である。

八重山ミンサー織り

ミンサー織りの帯

 沖縄への旅だが、下調べがとっても楽しい。どこに泊まって、どこへ遊びに行く。5ヶ月前3連泊予約なら、かりゆし倶楽部石垣島(コロの定宿です)がお得だとか、日本旅行の観光クーポン(ネットで予約できます)なら、鍾乳洞に半額で入場できるとか・・。まあ、確かにマニアックである。でも同じ物がお得に手に入ると、何かとってもうれしい。
 新石垣空港に到着すると、まず目に入るのが「南ぬ島」と大きく書かれたキャッチフレーズだ。初めて沖縄に来た方は絶対に読めない。「みなみぬしま」って、何だ? ふむ、ふむ! 正解は、「ぱいぬしま」である。南は「はい」と読む。石垣島では方角はこれだけ読めればよい。ちゅらさんの島、小浜島には超有名なリゾート施設「はいむるぶし」がある。ホテル、コテージ、プライベートビーチ、牧場、テニスコート、そして広大な芝生。池には引退した水牛が水浴びをしている。総面積は12万坪、、島全体の5分の1を占めるというから、驚きだ。小浜島へ行くと、必ずガイドさんが尋ねてくる。「皆さん、はいむるぶしの意味を知ってますか?」コロが参加した読売旅行のお客さんは、全員沈黙。
 コロもその時初めて知った。「はいむるぶし」を分解すると、はい=南、むる=群る、ぶし=ほし、となる。まとめると南群星、南十字星を中心とする一団の星を指す。沖縄語では母音が本土とは全く異なる。「あいうえお」は、沖縄では「あいういう」と発音する。これは覚えておくと超便利だ。つまり、「え音」と「お音」が欠落している。ここまで説明すると、賢明な読者はもう気付かれただろう。「ほし」は「ふし」となり、「南の島」は「南ぬ島」となる。と言うわけで、「ぱいぬしま」である。
 石垣島のお土産だが、コロ一番のお薦めは、ミンサー織りだ。八重山のミンサー織りは竹富島が発祥だが、現在は石垣島が主生産地となっている。五つの□と四つの□が交互に並んで構成する独特の絣模様が特徴である。本来は帯が元祖だが、今はファッションから、バッグや財布など装飾品にまで用途が広がっている。八重山ではかって通い婚の風習があり、女性が思いを込めて男性に帯を贈ったとのことである。五つの□と四つの□を繋いでいくことで、「いつ(五)の世(四)までも、足しげく私の元へ通ってください」という隠れた意味がある。ちなみに、私はこの財布バージョンを買った。結構いいお値段で、ミンサー工芸館で2万円の値札が付いていた。うちの嫁さんによると、夏川りみが紅白歌合戦でミンサー柄の衣装で出演した由。夏川りみって、誰だ? うちの嫁さんが呆れてる。涙そうそう・・それなら知ってる。
 お土産の二番目は、塩ちんすこうと言いたいところだが、コロのお薦めは塩クッキーである。ちんすこうは有名な割に人気は今イチだが、この塩ちんすこうは塩が効いて、食べやすい。今では本島を含めて、ちんすこうは塩が定番となりつつある。でも塩クッキーはもっとおいしい。あと、島らっきょう!

 

時間外、休日に急用の患者さんからのお電話は転送されます。しばらくお待ちください。 TEL 076-237-2811 平日9:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 大平胃腸科外科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.